買い物かごを見る 会員様入り口 ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

【お届け遅延状況について】 台風・地震の影響で、配達に支障が出ている地域につきましてはヤマト運輸・ホームページ等をご参照下さい。

トップページ > 山北みかん

山北みかん・総合ご案内ページへようこそ!
高知の山北みかん・総合ご案内ページ
2018年(平成30年)産
各種・順次販売中

全品送料無料

山北(やまきた)とは、高知県香南市香我美町山北の事です。その一帯で作られる、皮が薄く、ジューシーで味濃厚なブランド蜜柑(ミカン)が「山北みかん」です。高知を代表する一大ミカン産地である山北では、オフシーズンの約3ヶ月間を除き、様々な種類のミカンがお楽しみいただけます。

山北みかんの出荷時期(シーズン・カレンダー)

 

旬について

温州みかんは、2月頃からゴールデンウィーク頃までがオフシーズンです。それ以外はなんらかのミカンが入手できます。ただ、本当においしい時期は限られます。一口に山北みかんと言っても、様々な種類(品種)に分かれており、それぞれに一番美味しい旬があります。当店が発送する期間が、実際に販売可能な期間よりも短いのは、出来るだけおいしい時期に限定してお届けしようとしている為です。

 

只今販売中の山北みかん・今シーズンの傾向について

2018年の9月から露地物・極早生品種の良品(満天みかん)を販売開始しましたが、今年は、特選クラスの入荷が例年に比べて遅れています。(特選クラスのMサイズは皆無です。) おそらく良品が少なく、光センサーの基準をクリア出来ないのではと推測されます。今後、シーズンが進めば、状況が好転し、入荷量も増えるかもしれません。赤秀品クラス(特選の一つ下)は、入荷してきています。

 

季節ごとに詳細ページがあります。詳しくは以下のリンクをクリック ↓↓↓

9月中下旬ごろから、極早生品種の
最高級クラス「特選秀品」など
山北みかん・満天をサイズ限定で販売中です↓

山北みかん「満天(まんてん)」
山北みかん・「満天(まんてん)」・(9月中下旬〜10月)

【初秋の露地もの・山北みかんの最上位クラス!】
9月下旬ごろ、満を持して出始める「露地物・極早生」のみかんを、光センサー選果機で選別し、より高糖度なものだけを選別したのが「山北満天みかん」の名称で販売されています。当店では山北満天みかんの中でも、特に美味しい「特撰」クラスのMサイズに限定して通販しています。数量が少なく、不定期入荷での販売となります。早め早めにご注文下さい。

 


 

山北みかん・あまずっぱい極早生(ごくわせ)
山北みかん・あまずっぱい極早生(ごくわせ)・(9月〜10月ごろ)

【初秋に出始める極早生(ごくわせ)の山北みかん】
9月はまだまだ露地物ミカンの出荷自体が少ないですが、その中でもなるべく「美味しい!」と言える、おいしい&あまずっぱいミカンを探してお届けするものです。この時期はまだミカンの価格自体が低めですので、格安でご提供できるのも魅力のひとつ。美味しくて、かつ甘酸っぱい、山北みかんをお試し下さい。

 


 

山北みかん・早生(わせ)
山北みかん・早生(わせ)・(10月〜11月ごろ)

【しだいに深まりゆく秋を感じる山北みかん】
本格的な露地物シーズンの到来を告げる「山北早生みかん」は、9月下旬頃はまだ緑がかっているものが多いですが、10月も中旬頃になると、完全に濃い黄色のみかんになり、甘みもぐんぐん増して行きます。この時期は日ごとにミカンの色も味も深まっていく季節で、その時々の美味しさをお楽しみいただけます。

 


 

山北みかん・興津(おきつ)
山北みかん・興津(おきつ)・(11月下旬〜12月ごろ)

【露地物の最盛期・味極まる山北みかん】
露地物シーズンの真っ只中、年末の忙しい最中に全国各地へ向け、多くの山北ミカンが出荷される時期です。この時期は味が濃く、甘みと酸味のバランスが最高の、絶品の山北みかんが登場する季節でもあります。需要が大変多い時期である為、すぐの発送が難しい事もしばしばです。早め早めにご注文をお願いいたします。

 


 

山北みかん・南柑20号(なんかんにじゅうごう)
山北みかん・南柑20号(なんかんにじゅうごう)・(年末〜1月ごろ)

【蜜柑の季節・トリを飾る、晩生品種の山北みかん】
年末ごろから登場する晩柑品種の山北みかんです。年末は正月向けの需要と重なり、山北みかんの良品も少なくなる事から、この品種のトップクラスは、大変高値で取引されます。年が開けて1月中旬頃になるとお値段は落ち着いてきます。当店では品質を重視して、おおむね1月末頃までの発送となります。

 


 

山北の温室みかん(ハウス栽培ミカン)
山北温室みかん・特集ページはこちら(5月〜8月上中旬頃)

【初夏から夏場の山北みかん】(5月〜8月上中旬頃まで)
夏は本来、みかんにとっての「オフシーズン」の時期にあたりますが、ハウス栽培の高級山北みかんが、お中元・夏ギフトとして人気です。当店の「山北温室みかん(特撰秀品)」をご賞味下さい。
山北みかん(ハウス栽培品)は、最上級クラスの「特撰」がなんといっても最高のお味です。お値段はかなり高めですが、たとえ少量でも、満足度抜群の夏ギフトをお考えなら、ぜひ、当店の特撰ハウスみかんをご用命下さい。

 


 

山北雨よけみかん・はちきんキッス
山北雨よけみかん・はちきんキッス・特集ページはこちら(8月下旬〜9月上旬)

【晩夏から初秋の山北みかん】
8月の下旬頃からほんの2、3週間が旬の「はちきんキッス」は、ハウス栽培みかんの一種です。ハウスの横を取っ払い、天面だけを残すことから「あまよけみかん」の名称で知られています。見た目は青が際立って、酸っぱいだけの青切りみかんと間違いそうですが、すっきりとした酸味の中にも優しい甘さが感じられる、この一時期しか味わえない美味しさです。

 


 

山北みかん

もっと知りたい!山北みかん(Yamakita Mikan)・あれこれ

サイズ(規格)の事

山北みかんは、一番大きい箱=5kg箱となります。5kgみかん箱に入っている、各サイズの玉数は、以下のようになります。

2Sサイズ(やや小粒)=約80玉前後
Sサイズ(ベストサイズ・小さめ)=約64〜68玉位
Mサイズ(ベストサイズ・大きめ)=約52玉位

※ その年の出来具合、生産者等によって、玉数は多少変わります。当店では、重量割れしないよう、しっかりと独自に再計量の上、発送しています。

 

賞味期限・保存できる期間はどれくらい?

■特撰品の場合 = 1週間くらいは変化なしで美味しく、多少シワがよってきても、2〜3週間くらいは大丈夫です。ただし、風の当たらない冷暗所で、密封しすぎず、開放しすぎず、段ボール箱の中で静かに寝かせた場合、という条件がつきます。生鮮品ですので、長くおけば置くほど、当然いたみが発生するリスクは高くなっていきます。湿気には要注意です。

■特選品以下の等級の場合 = 傷や押し痕のあるミカンが混ざると、やはりいたみは早くなります。そういった傷や押し痕のあるものから順番に食べていけば、特撰品と同じくらいの賞味期限で食べられます。

■冬場・保存時の注意点 = みかんが凍るほど寒い場所には置かないようにして下さい。中身が凍ると、味が変わって美味しくなくなります。

 

体が喜ぶ成分たっぷり♪

美容や健やかで強靭な体作りに、山北みかんをおすすめします。

●クエン酸は疲労回復や血行改善、便秘にも効果があります。

●ビタミンCは風邪の予防や、老化のスピードをゆるめる働きも。美容にも効果的。

●ペクチンはコレステロールの分解を促し、動脈硬化を防ぎます。

他にも、腸にやさしい食物繊維たっぷり、高血圧、肝臓病予防に効果的なカリウム、ビタミンCとの相乗効果で毛細血管を丈夫にするビタミンP、などが豊富に含まれています。

 

糖度について

山北みかんのご注文を検討されている方から、お問い合わせの際、「糖度はどのくらいですか?」と、よく聞かれる事があります。当店では糖度につきましては「○度以上のものを必ず送る」といった規定は設けておりません。それは、糖度だけでは本当のおいしさは計る事は出来ない、と考えているからです。

商品選びの際の最重要ポイントの一つとして「糖度の高さ」があるのはもちろんの事です。いつも、なるべく糖度の高いものを厳選してお送りするよう努めています。しかし当店ではその他にも、「鮮度の良さ、じょうのう部分(内袋)の薄さ、傷の多少、外皮が中の実に引っ付いているか、適度な酸味があるか」などに重点を置いて選別し、トータルで「これがベスト」と言える品を厳選してお送りするようにしています。

 

【追記】

(※ごくまれに「北山みかん」と、名前を間違えて覚えている方がおられますが、これを機に、ぜひ本当の名前を覚えておいて下さいね。)

 

その他の関連記事は、以下をご参照下さい。↓

山北みかん・販売所(良心市)のご紹介

 

只今販売中の山北みかんは下記をご覧下さい↓
売り切れになっていないものが、現在販売中で、上位に表示されます。

商品一覧

在庫:

説明付き / 写真のみ

1件〜40件 (全70件)  1/2ページ
1 2 次へ  最後へ

1件〜40件 (全70件)  1/2ページ
1 2 次へ  最後へ

ページトップへ