買い物かごを見る 会員様入り口 ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

News 柚子酢は2〜5営業日で発送中。エメラルド メロンは、配達日に余裕を持たせて下さい。

News 文旦は、ほぼ終了の状況です。小夏は、ハウス小夏の美味品が入荷中です。

文旦の剥き方【応用編】・より簡単な剥きかた

土佐 文旦・総合ご案内ページへ
土佐 文旦・総合ご案内ページはこちら↑

文旦の剥き方(むきかた)【応用編】・
最速で文旦をほうばりたい人、必見!
皮の硬い文旦でも、なるべく素早く、簡単に剥く方法

文旦の剥き方【応用編】

高知でポピュラーな文旦の剥き方は、文旦を地球にたとえた時、「赤道」にぐるっと切り込みを入れ、そこに指を差し込んで剥いていくというものです。しかし、この方法は文旦の皮の硬さによっては剥きにくい一面があります。皮が柔らかくなった頃の文旦ならまだいいですが、鮮度の良い、皮が硬めの頃の文旦では、なかなか剥くのが大変なんです。

そこで当店なりに皮が硬い時の文旦を「なるべく素早く、簡単に剥く方法はないか」と考え、オリジナルの剥き方を考案してみました。

突然ですが、皆さんは「有田剥き(ありたむき)」をご存知ですか?

「有田剥き」は、温州みかんで有名な有田みかんの産地でポピュラーなみかんの剥き方です。具体的には、お尻(ヘタと逆側)から、みかんを3等分〜4等分に適当に割り、外皮から引き離す際は、ヘタのほうからくるんと剥く、というものです。

有田剥きの例(高知産ぽんかんを使用)

この剥き方は、みかんの構造に逆らわない、理にかなった剥き方と言えます。その為、白い筋などの余計な部分(=アルベド)がキレイに取れて、より美しく剥く事が出来ます。これを文旦(ぶんたん)に応用してやってみたのが、以下の手順です。

1. まず、文旦のお尻(南極)側を5ミリ〜1センチ、切り落とす。

文旦のお尻側(南極)を切り落とす

一番最初に、文旦のお尻側(南極)を切り落とします。ヘタ側(北極)も同じように切り落としてもかまいませんが、結局2度手間になるので、ここでは切り落としません。


2. 北極点から南極点へ、タテに2本、経線を刻む。

文旦の北極点から南極店へ、タテに2本、経線を刻む

次にするのは、文旦のヘタ部分(=北極点)から、反対側の南極点まで、タテに交差する経線を2本刻む事です。中の果肉をできるだけ傷つけないよう、出来るだけ深く、しっかりと刻んで、黄色の硬い外皮部分を完全に断つのがポイントです。(深さは文旦によるが、約5ミリ〜1センチ位)

ここでちゃんと切り込み入れる事が出来れば、あとは簡単です。

(通常の剥き方で行う、赤道部分に入れる切り込みは、必要ありません。)


3. 南極点に両手の親指を深く差し込み、開く

ぐっと親指を文旦の南極点に差し込んで、

ぱかっと開けば成功です

両手の親指を南極点に、ぐっと深く差し込んで、パカッと開けば成功です。この時、多少文旦がバラバラになる箇所が出るかもしませんが、細かい事は気にせず、思い切り良く開きましょう。前の段階で、きっちり外皮に切り込みが入っていれば、そんなに力を入れなくても、あっさり開く事が出来ます。

文旦が完全に開いた状態

まず中身を露出させてから、外側の皮をとりのぞく点が、この剥き方の最大の特徴です。

早い段階で文旦の中身があらわになるので、最初の一口が、お口に投入されるまでの時間が速いです。


4. ヘタ(=北極点)方向から、文旦の実を引き剥がす

ヘタ側から中央の種に向かって伸びる硬い部分を切り落とす

文旦には、良く見ると、ヘタ(=北極点)の裏から、中央部分の種に向かって、硬い筋が通っています。ここが邪魔なので、包丁で取り除きます。

この写真のように、白くて硬い部分カットします

なるべく果肉すれすれにカットすると、このあとの作業が、よりスムーズになります。

ヘタ(=北極点)側から、文旦の中身を引き剥がします。

あとは、カットした側(=北極点側)から、文旦の実を引き剥がして行きます。有田剥き(ありたむき)の応用で、ヘタ側から剥く事で、白いアルベド部分をなるべくつけずに、キレイに剥く事が出来ます。

文旦の外皮を剥いた後のキレイさ比較


5. 果肉の房をバラバラにして、残りの皮を剥く

房をひとつひとつバラバラにして、うす皮を剥く

ここまでくれば、後の作業は通常の剥き方と同じです。ただ、こちらの剥き方のほうが、白いアルベドが邪魔にならない分、房をひとつひとつに分けていく作業が若干ですが、楽です。

房をバラバラにしたら、点線に沿って切り込みを入れる。

中の実(果肉)を取り出します

文旦の果肉を取り出した状態

以上が、文旦の剥き方【応用編】・皮の硬い文旦でも、より素早く、キレイに剥く方法でした。(終)


文旦の剥き方(むきかた)【基本編】

土佐 文旦・総合ご案内ページへ
土佐 文旦・総合ご案内ページはこちら↑

最もスタンダードな、文旦の剥き方(むきかた)
文旦(ぶんたん)の剥き方(むきかた)・【基本編】

高知県人が日頃やっている、文旦(ぶんたん)の、最も基本的な皮の剥き方は、以下の手順になります。

1. 上下を切り落とし、赤道部分に切り込みを入れる。

文旦(ぶんたん)を、包丁で剥く手順を解説します。

まず、果物ナイフか包丁を用意して下さい。まな板か、下に敷けるもの(古新聞・キッチンペーパーなど)もあれば、周囲を汚さずに済みます。今回は使い勝手重視で、使い込んだ「土佐打ち刃物の包丁(高知の特産品)」を使用しています。文旦は大きい果物ですので、包丁も適度に大きいほうが使い勝手が良いです。

文旦の上下を切り落とします。

いろいろやり方はありますが、皮が硬くて手強そうな場合は、先に文旦の上下を切り落とします。(約5ミリ〜1センチの間くらい)。よく熟れた3月頃の文旦でしたら、赤道付近に切り込みを入れるだけでも剥けますが、2月ぐらいの、まだ外皮が硬い文旦は、上下を切り落とした方が、より剥きやすいです。

文旦を地球に例えるなら、赤道に当たる部分にぐるっと1周切り込みを入れます。ここも切り込みの深さは5ミリ〜1センチ。中の果肉を切らないように、しかし外側の黄色くて硬い外皮部分は、しっかりと断ち切る感じです。

※ ワンポイント: 綺麗に剥くよりもスピードを重視したい場合は、赤道部分だけでなく、縦(北極から南極へ)にも何本か切り込みを入れると、より素早く剥く事が出来ます。


2. 切り込みに沿って指を差し込んで、皮をはぐ

切り込みに沿って指を差し込んで、文旦の皮をはぐ

指を切り込みに差し込み、ぐりぐりと文旦を片手で回しながら、文旦の皮をはいで行きます。無理に美しく剥く必要はありません。皮が硬い文旦の場合は、スムーズに剥けない事も多々あります。その場合は無理せず、少しずつ剥いていきましょう。

文旦をねじって、皮を取り除きます。

うまくいけば、このようにパカッと皮が取れます。

このように、黄色い外皮を完全に剥きます。

上の写真のように、黄色い外皮を完全に取り除けば、第一段階はクリアです。


3. 房(ふさ)をひとつひとつバラバラにして、中の果肉を取り出す

房をバラバラにしたら、点線に沿って切り込みを入れる。

房ごとにバラバラにしたら、上の写真のように、点線部分を包丁でカットして、口を開き、外側の皮をはいで行きます。

中の実(果肉)を取り出します

文旦の白い部分は渋皮ですので、全て取り除き、中の果肉を取り出します。

文旦の果肉を取り出した状態

あとは、食べるだけ!

以上が、高知県人が文旦(ぶんたん)を食べる時の、最もスタンダードな皮の剥き方です。

剥く最中に、外皮がバラバラになってしまった場合は、お皿にきれいに盛って食べましょう。

ちなみに筆者は、剥くかたわら、どんどん口中に文旦が吸い込まれて行く為、文旦を剥き終わった時には、もうほとんど残っていません。


ちなみに、こんな剥き方もありますよ↓

文旦の剥き方【応用編】・より簡単な剥きかた


文旦の通販・全国発送はこちら
文旦の通販・全国発送はこちら

ページトップへ