買い物かごを見る 会員様入り口 ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

News 柚子酢は、おおむね1週間以内に発送中。デコポンはお時間かかる場合あり。

News ポンカン・低しょう系品種は2月下旬頃まで。文旦は、徐々に発送開始しました。

文旦(土佐文旦)の時期(旬)について

土佐 文旦・総合ご案内ページへ
土佐 文旦・総合ご案内ページはこちら↑

文旦の時期(収穫、出荷、最盛期、終了時期)

「文旦(ぶんたん)」とは、高知で2月〜4月に多く出回る、露地物の文旦(=いわゆる土佐文旦)の事を指します。12月〜1月に多く出回る「温室文旦(ハウス文旦)」や、秋が旬の「水晶文旦(ハウス栽培)」の事ではありませんので、ご注意下さい。

文旦の時期についてですが、収穫時期はおおむね「12月から1月初旬」です。

その後、屋外の「室(むろ)」と呼ばれる場所で「野囲い(のがこい)」をして寝かせ、熟成するのを待ちます。これを「追熟(ついじゅく)」と言い、追熟の期間はおおよそ1ヶ月〜2ヶ月程度となります。

早く熟成された文旦から、市場への出荷が始まりますが、1月はまだ出荷量自体は少なく、本当に美味しい文旦が出荷され始める時期は、例年ですと2月前後くらいから、となります。

このように書きますと、2月上旬には美味しい文旦が食べられそうだ、と思われるかもしれません。確かにそのような年が多いのですが、不作の年などは、美味しい時期は、もう少し後にずれ込みます。

つまり、その年の出来具合によって、「美味しい時期の始まり」は前後するのです。実際、ふたを開けてみないとわからない事が多く、当初の予定では2月上旬ぐらいから美味しい文旦をお届けできるつもりだったのが、2月上旬が来ても美味しくならず、待たせに待たせた上、2月の下旬ごろから、やっと販売可能な美味しさになる年もあったりします。

要するに、文旦は、おおむね2月頃から出荷が本格化し、旬が到来するのですが、本当においしい文旦が出荷され始める時期というのは、2月の上旬〜下旬まで、その年の出来具合によって、幅があるのです。

ですので、もっとも賢く文旦をお求めになるなら、2月は「美味しくなったら送って欲しい。」というスタンスで、あせらず急がず、じっくり待つのが得策でしょう。

3月がくれば、良く熟成の進んだ文旦が多く出回りますので、なお安心です。

3月中下旬ごろまでが、文旦の最もおすすめの時期で、それを過ぎますと、徐々に旬が終わりに近づいていく感じになります。有力生産者も出荷を終了し始め、美味しい文旦の絶対数がどんどん少なくなっていきます。(出荷・販売自体は、4月下旬〜5月初旬(5月連休前)頃まで続きます。)

【 文旦の時期・まとめ 】

以上、文旦の時期についての情報をまとめますと、おおむね以下のようになります。

■ 収穫時期 … 12月〜1月初旬

■ 追熟時期 … 収穫から約1〜2ヶ月

■ 出荷開始時期 … 1月中下旬ごろから(出荷量・良品ともに少ない)

■ 出荷開始時期(本格化) … 2月初頭前後(年により多少前後します)

■ 最盛期 … 2月上中旬〜3月中下旬

■ クール便発送に切り替わる時期 … 4月頃(販売店によってまちまち)

■ 販売終了時期 … 4月下旬〜5月初旬(5月連休前)

収穫時期目前の文旦(12月)

文旦の通販・全国発送はこちら
文旦の通販・全国発送はこちら

ページトップへ