買い物かごを見る 会員様入り口 ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

新高梨の出荷時期について (高知県産・詳細)

美味しい!梨(なし)・高知産・一覧ページはこちら
美味しい!梨(なし)・高知産・一覧ページはこちら

 出荷時期は、産地・農家によって、微妙に違います

高知県産・新高梨(針木産・黒岩産)の出荷時期は、例年通りですと、9月下旬〜末頃から始まり、10月末〜11月上旬頃までが一般的です。

他県の新高梨=熊本産などと比べると、出荷時期はやや遅め。
高知県内でも、農家によって、早く出す農家、遅く出す農家がありますが、おおむね「10月」が旬。中でも10月中旬以降が、最も旬です。

夏場、猛暑が厳しい年などは、出荷時期が早まったり、予想以上に早く終わったりする可能性がありますので、注意が必要です。

逆に、夏場や9月に雨の日が多いと、出荷開始が遅くなり、後ろにずれ込む傾向があります。
そのような年は11月に入ってもまだ出荷が続きます。(場合によっては12月に入っても、まだ食べられる年もあります!)

 当店の場合は、一般的な出荷時期よりも、少し遅めです

一般的な販売開始時期は、以上のような状況ですが、当店販売の新高梨は、もうちょっと後、10月上中旬頃から発送開始する事が多く、終了時期も、通常の農家よりやや遅めです。

これは、新高梨が、「本当に美味しい時期になってから発送する事を心がけているから」です。木の上でしっかりと完熟した新高梨は、普通にスーパーで売っている新高梨とは、一味違う美味しさです。このように味にこだわった結果、一般的な新高梨よりも、少し後から収穫が始まるのです。

本当に美味しい新高梨は、少し遅れて登場する。後になるほど美味しさが増す事を覚えておいていただくと、嬉しいです。

新高梨・高知県産(黒岩・針木)の取り寄せは、こちら

新高梨のルーツを探る・名前の由来

美味しい!梨(なし)・高知産・一覧ページはこちら
美味しい!梨(なし)・高知産・一覧ページはこちら

 名前の由来に諸説あり

新高梨(にいたかなし)は、生まれた年はハッキリ分かっていませんが、命名された年は1927年(昭和2年)のようです。

よく言われる名前の由来は、新潟県が産地の「天の川」という梨と、高知県が産地の「今村秋」という梨が両親なので、県名の頭文字をそれぞれ組み合わせて「新高梨(にいたかなし)」になった、とするものです。

しかし、wikipedia(ウィキペディア)を参照すると、別のルーツが記されています。

それは、台湾にある「新高山(玉山)」という山から頂いた名前だという記事です。名前が決められた1927年(昭和2年)当時は、梨の命名については、国内の地名から取るのが一般的であり、新高は有望品種だった為、もっとも日本で高い山の名前をつけたそうです。台湾は当時、日本の統治下にあり、新高山(玉山)は、富士山をしのぐ、標高3,952 m。(富士山は3,776m)

当時としては、日本領土内で最も高い山だったので、その名が取られて「新高梨」と命名されたようなのです。

最新の遺伝子解析による研究では、片親は高知の「今村秋」ではなく、神奈川県の「長十郎」であった可能性が高い、という事が解ってきています。もしこれが真実なら、「新高梨」ではなく、「新神梨」という名前のほうが、本当は正解だったかもしれません。

名前・誕生にまつわる話については、引き続き、調査を継続したいと思います。

新高梨のルーツを探る

おまけの一言

新高梨の事を「しんこうなし」と呼んでいる方が、たまにおられます。別の梨で「新興梨」と書いて「しんこうなし」という梨が本当にありますが、これと新高梨は、全くの別物です。
本当の正しい読み方「にいたかなし」を、ぜひ覚えておいて下さいね。

ページトップへ